2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Categories

2011年7月 4日 (月)

青色申告記帳指導

 午前中に一曲リアレンジしたものを提出。

 午後、税理士が自宅訪問。青色申告の記帳指導。税務署では無料で自宅訪問してくれるサービスを行っているのだ。申し込み人数によって訪問かどこか会場で指導するかがかわってくるようだ。

 いろいろ疑問が氷解。基本一人でやっているので、プライベートの消費と一緒くたになっている。できれば青色申告用の口座と分けたほうがいいとのこと。一番良く分からなかったのは公共料金や家賃、生活費にあたるもの。自分の仕事の状況を説明すると、「70%は計上できるのでは」とのことだった。

 以前手に入れたExcelのテンプレートで記帳しようと思うのだが、とりあえず「現金出納帳」にわからないなりに記帳していこうと思う。現金の出入りを「現金出納帳」で記す。口座の出入りはまた別。専用の帳簿がこのExcelソフトにないので、「振替仕訳帳」に書いてくれとのこと。

 カード払いは取引をした日時(発生ベース)と引き落とし日(引き落としベース)が異なるので、どちらかに統一する必要があるが、基本引き落としベースで記帳したほうが楽だという。で、最後の決算時にズレを調節する(発生ベースにもどす)のだそう。

 何か分からない勘定科目があったら、「前払金」にしておいて次回相談してくださいとのこと。

 年4回の無料記帳指導で、次に来てもらえるのは9月。それまでに、自分なりにやってみますか。

2011年7月 2日 (土)

つけめん→記帳指導→青春

 土曜日はつけめん。


Img_1042


 渋谷DESEOに行き、monoral in the stereoのライブ、、、には間に合わなかった。。のに、打ち上げに参加する。さっきやすべえ食べたばっかりなのに。そこで、青色申告にくわしい某氏から記帳指導を受ける。公共料金についての経費の割合はどうすべきか、など、かなり具体的。

 その後、某氏の青春のお供をしにカフェ語り。

2011年6月15日 (水)

青色申告ソフト@Mac

 曇り。日中ずっとハードル、越えない。でも越えそう。朝しっかり食べるくせがついてきた。

 Macで青色申告するには、「Macの青色申告」という名前まんまのソフトがある。1万円くらい。節税のためならそのくらいの支出は余裕。ただそこまで評判がよくない。

 もう一つ、見つけた。Excelで青色申告のテンプレートを、シェアウェア。2100円。これは安いし、Excelファイルなのでシンプルなのが大変気に入った。よし、これを使おう。

 しかし、税務署で申し込んだ税理士の訪問レクチャー、いつになるんだろう、、

 他のMac使いのフリーの人はどんなソフト使ってるんだろう。誰か教えてください。無駄に、今回だけコメント機能をオンにしておきます。

2011年2月18日 (金)

作曲→歌→確定申告

 午前中に作曲。前日に小室哲哉は3時間で作曲、2時間でデモ作成という事実を知り、驚愕。阿久悠の2時間で作詞と合わせると、歌入れに1時間足しても8時間で新曲が完成することになる!そこを目指そう。

 お昼はしょうが焼きを作る。油を使わなくても肉の脂がでるでる。


Img_0771


 青空にて歌の仕事。ファミマもそうだが毎回謳い上げるというよりは素朴な感じの歌い方を求められる。ファミマも「ちょっと下手な感じでお願いします」って言われたんだからね(言い訳)!今回は歌もあったが、はじめて歌じゃない歌を吹き込んだ。これはナレーターか。もしかしたら僕はほかにも職の裾野を広げられるのかもしれない。いや、無理だ。だって苦労したから。。

 確定申告の提出。今回は開業届と青色申告申請書もいっしょに提出した。これで次から青色申告ができるらしい。今年から小遣い帳をつけ始めたのでちょうどいい。帳簿作るぞー。


2011年1月24日 (月)

Jumsoft Money

 Macを開いたら、OSXのアップデートの通知。アップデートしてみると、App Storeというアプリがインストールされている。Mac用のアプリケーションを買う場所。いろいろ見てみたら、まずSound Cloudの無料アプリがあったので迷わずゲット。次に、ずっと必要だなーと思っていた家計簿ソフトMoney 3をトライアル。銀行口座と手元のお金とカード口座と(毎月の請求書と株と)、一元管理できそうだ。iPhoneともwifiで連動でき、iPhoneのアプリは無料。他もいろいろ見てみたが、一番楽しそうなので購入した。直販よりApp Storeで買ったほうが安かった。頭の負担が減るかどうかは分からないが、楽しければそれでいい。Money 3の使用感、候補に挙がった別のアプリとの比較については、こちらを参考にした。

 使ってみると、欧米通貨の名残で「¥100.00」と小数第二位まで表示されているので、ここを参考にしてアプリを編集。「¥100」の表示に直った。